一緒に洗濯物洗わないで!そう言われる前に加齢臭の対策をしましょう

加齢臭の原因と対策方法について

若い頃は気にならなかったのに、40歳を過ぎてくると体臭が気になりだすと言った方は多いと思います。

 

年齢を重ねるごとに体臭が強くなっていくので加齢臭とも呼ばれています。

 

ご自身では気が付きにくいですがご家族から指摘されて気づかされることが多いです。

 

そんな加齢臭の原因はノネナールであると考えられています。

 

毛穴の中にある皮脂腺からは皮脂が分泌されています。

 

皮脂はお肌を守る役割がありますが、この皮脂に含まれる成分が過酸化脂質によって酸化・分解されて発生するのがノネナールです。

 

若い頃はあまり発生しないのですが、年齢を重ねてくるとこのノネナールが発生しやすくなるのです。

 

加齢臭を抑えるには原因になっている皮脂を抑えることが大切と言うわけです。

 

しかしご自身でコントロールすることは出来ないので、臭いが気になる方は何らかの加齢臭対策が不可欠となります。

 

普通に毎日お風呂に入って体をきれいにしているのに中々加齢臭が消えないと言うことが多いです。

 

最近では加齢臭に良いと言われている石鹸やボディーソープなどが発売されています。

 

これを使って体をきちんと洗っていると加齢臭が発生しにくくなると言われています。

 

商品によって柿渋エキスや茶カテキンなど消臭・抗菌作用に優れている成分が配合されているので、加齢臭が気になりだしたら使ってみると良いです。

柿渋石鹸とローズサプリメント

 

加齢臭って自分ではなかなか気づきにくいものですよね。

 

我が家の主人も中年男性真っただ中で、加齢臭がひどく枕カバーなんて黄ばんでいるんです。

 

そんな主人の加齢臭がマシになったのが柿渋石けんとローズサプリメントです。

 

柿には、タンニンと言われる成分が入っていて、優れた洗浄力があるそうです。

 

この石けんは薬用で、臭いのもととなる雑菌を殺菌してくれるので、主人の加齢臭は、見事に解決されているようです。

 

さらに、体の中からもアプロ―チしなくてはと、ローズサプリメントを飲むようになりました。

 

なんでもローズサプリは、脂肪酸の酸化を抑えるオイルが配合されていて、これが、加齢臭をやっつけるそうです。

 

いろんなローズサプリが販売されていますが、加齢臭には抗酸化作用があるオイルが配合されていないと意味がないですね。

 

主人は、はじめ、ローズなんて女の飲み物じゃないかとバカにしていたのですが、私が先に飲み始めて、なんだか香水も付けていないのにいい香りがするなと気づいたのか自分も飲み始めました。

 

ローズサプリを飲むと私の場合は、いい香りがしましたが、主人の強烈な加齢臭は、バラの香りに変化するのではなく、単に加齢臭を抑制してくれるらしく、臭いおやじ臭があまりしなくなりました。

 

我が家は、これで「お父さん臭い」から解放されました。

加齢臭対策をしています。

 

50歳に近づいてくると段々自分が臭いのではないか?と気になるようになりました。

 

特に気になるのは頭皮の臭い、それと口臭が気になるようになりました。

 

いつも臭いような気がして、人と会うのが億劫になってきたので、これではいけないといろいろと見直してみました。

 

頭皮は汚れをしっかり落とすタイプのシャンプーに変えてしっかり地肌の汚れを落とすようにしたのと、美容院で定期的にヘッドスバに行ってプロの手で汚れを落としてもらっています。

 

これで頭皮の匂いはだいぶ気にならなくなってきました。

 

また口臭は歯医者さんで相談して、歯周病がないか、また歯石などの汚れがついていないか、しっかりチェックしてもらって、歯周病や口臭を防ぐ効果のあるうがい薬を買って、一日数回口を洗浄しています。

 

これを続けることで菌の繁殖を防いで口臭を防ぐことが出来るそうで、気になっていた夕方の口臭も意識しないで過ごせるようになってきました。

 

臭いがとても気になるので、朝起きたとき、また寝る前のお風呂、と2回シャワーをするようにしています。

 

こうすることで汚れを溜めずに、菌を繁殖させ臭いを発生させることがないように出来るのでは?と思うからです。

 

ますます暑くなる季節ですので、しっかりとケアを続けて加齢臭に負けないようにしたいと思っています。

加齢臭対策を決意しました

 

まだまだ若いと思っていても、もう昔のように体は動かなくなってきました。

 

スタイルも変わってしまい、大学時代には苦もなく着れていた服が、全く入らなくなってしまいました。

 

少しずつ、自分が歳をとっているのだと実感してきた中、そのことを最も感じさせられたのが電車の中での一件でした。

 

その日、私が家に帰ると妻に「加齢臭がきつくなってきたのでは?」と言われました。

 

電車に乗って帰ってきた際、隣に座っていた男性は中年の方だったので、それで臭いが移ったのではと話す私。

 

しかし、そのようなことがなかった日の自分の服の臭いをかぐと、確かに加齢臭が臭ってきました。

 

以来、意識するようになってしまいました。

 

特に他人との距離が近くなる電車の中は、とても気になります。

 

満員の電車で若い女性が近くにいるなんて状況なら、以前は多少うれしかったのですが、今は自分の加齢臭が気になってそれどころではありません。

 

気になって緊張しては汗をかき、加齢臭がさらに臭うという悪循環です。

 

加齢臭が臭う中年の男性の隣に座り、「臭いが気になるな。」と思っていたのですが、自分がその立場に立ってしまいました。

 

これはさすがに放置できないと、私は加齢臭対策を決意することになりました。